帽子泥棒

一度、ゴールウェイで、帽子をひったくられたことがあります。

その時は、アイルランドで出合った日本人、H君と一緒にメイン通りを歩いていたのです。

すると、後ろから僕の帽子をひったくって、若い男の子が何言かを言って走り出しました。

僕が呆然としているうちに、そのH君は全速力で彼を追いかけ始めました。

今でも彼の出足の早さ、行動力、また、物怖じせずどこまでも突き進んでいくような
まっすぐな強さに憧れます。

僕も彼に続き、追いかけ、挟み撃ちで引ったくりを捕まえました。

彼が逃げないように首の後ろのTシャツをつかんだ時、僕の視界の左側に車が急に止まりました。

警察でした。それも4、5人。偶然近くに居たらしいです。

「よかった!、助けてくれる」と思ったら、警察は現場を押さえ、まず僕に質問してきました。

大阪弁でいうと、「どないしたんや?」
「あいつが帽子を取ってん。」

「どこに宿泊してるんや?」「キンレイホステル」「ほんならOKや」

当時、キンレイホステルは宿泊する観光客はパスポートを見せなければ泊まれないのです。

帽子泥棒は、あっさり罪を認めて「すんません、すんません」と繰り返していました。

あたりは一瞬騒然とし、人だかりができましたが、たかが帽子泥棒。少年の悪ふざけ。

いくら治安のいいアイルランドでも、多少、こういうことってあるようです。

落ち着いたあと、H君につっこまれました。

その帽子は、「 HAT 」じゃなくて、「 CAP 」ですよって(笑)。

管理人:さくらへのメールはこちらです。↓
icoicoyuko■yahoo.co.jp の■を@に変更してください。(スパムメール対策のためです。)

お気に入り写真集
パブ セッションの様子
B&B ホステル
ゴールウェイ
ウィックロウ
グウィードア
バレン
モハーの断崖
マイフィドル
参加したサマースクール
ミルタウンマルベイ クレア
フィークル クレア
タバカリー スライゴー
おすすめ記事
聞き流してください
アイルランドとの出会い
ギネスビール
アイリッシュダンスと伝統音楽
アイルランド伝統音楽に使われる楽器
僕が教えてもらったゲール語
レプラホーンという妖精
リバーダンス
ヒッチハイクのやり方
旅を終えて
一人旅で困ったこと
帽子泥棒
水の音で目が覚める
女の子と同室
この子のために
爪きり
おすすめリンク集
アイルランド関連
イギリス関連
スコットランド関連
北欧関連
民族音楽
世界のビール
旅行記
留学
旅行
美容
温泉
お役立ちリンク集
おすすめリンク集
このサイトについて
さくらの自己紹介
リンクについて